イタチ捕獲・駆除マニュアル|日本にいるイタチの生態と習性

再侵入を防ぐ

室内

イタチの繁殖力は非常に強いことが特徴の一つです。そのため、捕獲ゲージを使って一匹捕獲しても効果がないこともあります。イタチは一度の出産で多くて8匹生みます。平均でも5匹生むと言われています。そして、一夫多妻制のため、繁盛期には多くの子供が生まれます。一匹を捕獲しても住宅の被害はなくならないのです。そのため、何度も捕獲ゲージで設置して、同時に「追い出し」も行うと効果的でしょう。イタチの習性上、一度住宅に侵入すると、自分から出て行くことはありません。住宅にイタチが侵入した場合は、「捕獲」と「追い出し」を一定期間行なってください。

「捕獲」と「追い出し」を行なって、住宅からイタチを撃退に成功してもやることは残っています。イタチの巣には悪臭の原因となる糞や排泄物が多くあるでしょう。そのままにしておくと、感染症や病気の原因になるので、綺麗に掃除して消毒する必要があります。イタチは決まった場所でトイレをします。ですから、排泄物は一箇所に多くあるでしょう。この排泄物が残っていることでイタチに再侵入される可能性もあります。イタチはとても縄張り意識が強いので、自分の排泄物があると戻ってくるでしょう。

イタチの排泄物を綺麗に掃除する場合は、マスクと手袋を用意しましょう。綺麗に掃除が終ると、次は消毒を済ます。多くの雑菌や病原菌がいるからです。最後にイタチの侵入した箇所を特定して、侵入されないように補修しておきましょう。綺麗に補修することで住宅に侵入される心配はなくなります。