イタチ捕獲・駆除マニュアル|日本にいるイタチの生態と習性

生態と習性

イタチ

日本には多くの動物が生息しています。イタチは日本全国に分布しています。最近は人間が住んでいる住宅にイタチが侵入するケースが多く発生しています。イタチが住宅に侵入すると、病気や感染症の原因となることがあります。また、イタチの糞で悪臭が漂います。それだけではなく、イタチは住宅の柱や壁を傷つけて破損させるケースも出てきています。人間にとって、住宅にイタチが侵入すると様々な被害を出す厄介者です。そのため、イタチを捕獲して駆除する業者に依頼が多くなっています。

自分の大事な家族や住宅を守るために、イタチの生態や習性をしっかりと理解することが大事です。イタチは20種類います。その中で日本にいるイタチは、5種類です。特に日本で多く見かけるイタチは、ニホンイタチとシベリアイタチです。このシベリアイタチは都会にも生息範囲を拡大しているので、見かけたことがある人も多くいるでしょう。シベリアイタチは、ニホンイタチよりも体長が3倍程大きいのが特徴です。ニホンイタチもシベリアイタチも、活動時間は夜中です。イタチは夜行性の生き物なので、太陽が沈んだ頃に目覚めて活動を始めます。多くのイタチは、メスとオスに体格差があります。一般にメスよりもオスが大きいでしょう。さらに、一夫多妻制の動物なので、一匹のオスに数匹のメスが一緒に行動を共にしています。胴長短足のフォルムをしていて、体からは悪臭を放っています。雑食ですので、何でも食べます。ザリガニやネズミ、カエルの肉を好みますが、畑の農作物も餌にするので、どんな環境でも生きていけるでしょう。イタチの被害にあったら、駆除を依頼しましょう。イタチの捕獲は申請が必要なので、イタチ駆除の業者に依頼しましょう。

許可申請の確認

外観

イタチは素人では捕獲することができません。イタチの捕獲には捕獲許可申請が必要なのです。ですから、イタチ捕獲・駆除の業者に依頼するときも、ホームページで捕獲許可申請を取っているのか確認しましょう。

詳しくはこちら

2通りの駆除方法

笑顔の男の人

プロのイタチ捕獲・駆除の業者が行う2通りの撃退方法を紹介します。最初にイタチのいそうな場所に捕獲ゲージを設置して捕まえる方法です。次に、強い意光を当てて、住宅から追い出す方法の2通りあります。

詳しくはこちら

再侵入を防ぐ

室内

イタチは繁殖力が強いので1匹捕獲しただけでは効果ありません。捕獲と追い出しを一定期間行いましょう。その後はイタチの排泄物をきちんと処理しましょう。そして、住宅の補修を行い、イタチの再侵入を防ぎましょう。

詳しくはこちら